FC2ブログ
≪PREVHOMENEXT≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhoneの電池の減りを押さえるには??





電池の消費を抑えるには
 
折りたたみ式のあのケータイからスマホ(ここではiPhoneについてですが)に変更された方がまず驚くのが電池の減りが著しく速いと言うことです。

一日に1~2回くらいは充電しないと持たないかと思います。

なので、私が普段行っている方法や様々なサイトから勉強させていただいたノウハウをここでもう一度私の備忘録として記載しようと思います。


注意!以下の内容はすべてが効果があるとは限りません。というのも比較実験を行っていないからです。

こういう方法もあるんだなぁって位でご覧ください


1、「設定→Wi-Fi」 をオフにする 

(Wi-Fi環境下に入ると接続先を検索するので、オフにすると効果はありそうですね)

2、「設定→位置情報サービス」 をオフにする 

(これも位置情報をデータとしてやりとりしてるわけですから、オフにすると効果がありそう)

3、「設定→明るさ→明るさの自動調節」 をオフにする 

(日中に屋外なんかで使用しているとかなりバックグラウンドは明るいです。なので知らないうちに電力を消費してるかも)

4、「設定→一般→自動ロック」 を少ない時間にする

(iPhoneをつけたままにしておくと自動でスリープに入りますが、その時間を短縮できます)

5、「iOSを最新のものにする」

(iOSを最新のものとすることで消費をおさえられるかもしれません)

6、「設定→メール/連絡先/カレンダー→データの取得方法」 のフェッチを長くする

(これもデータ通信をなるべく押さえる措置です)

7、「設定→iCloud」 の必要ないものは同期させない

(iCloudもやっぱりデータ通信量が多いと思いますので・・・)

8、「設定→Store」 の自動ダウンロードをオフにする

(もう説明はいりませんね)

9、インストールするアプリの量を減らす

(これは私も書いていいのかわかりませんが、多少は効果あるかも??)

10、バックグラウンドで起動しているアプリをオフにする

(ホームボタンを2回押すと下のバーが持ち上がります。そこに表示されるアイコンを長押しして、ぶるぶる震えだしたら
マイナスボタンを押します。この操作ではアプリは削除されません。バックグラウンドで起動しているアプリをオフに
できます)

11、高温などの悪条件下での使用を避ける

(これはもちろんです)

12、バッテリー管理系のアプリを利用する

(バッテリーに関しての情報を入手できます。ただ、効果を実感できるかどうかは謎・・・)

一応アプリのリンクを貼っておきます。


Battery Doctor Pro - お使いのバッテリー寿命の増加 6.2(¥85)App
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
販売元: Game Lingo - Martin Smith(サイズ: 9.1 MB)




探せばもっとあるのでしょうが、これらに共通しているのはiPhoneはデータ通信を常に行っているのでなるべくその使用頻度を下げましょうと言うことです。

最近ではスマホの持ち運びバッテリーなんかの市場が成長しているみたいですから、バッテリーをもう一つ用意する。とかが改善策になるんでしょうかねぇ・・・

とまぁ、こういった感じです。

皆さんもいい情報がありましたら教えてくださいm(__)m
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

≪PREVHOMENEXT≫
プロフィール

nnnlife

Author:n-life
管理人の現実逃避用ブログです

備忘録という位置付けで、知り得た事を掲載していきます。

~2012/9/30 iOS5
~2013/9/19 iOS6
~2014/9/20 iOS7
~現在    iOS8

PCブラウザはKinzaで記事作成中です。
トップ絵(輝山モミジさん作成)

累計閲覧者数(2012/6/9~)
タグ一覧
カテゴリ
お気に入りサイト様更新情報
リンク
最新コメント
月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。